正しい顔の洗い方って

顔を洗うイメージとは顔を両手でごしごしと洗うイメージがありますが、これは正しい顔の洗い方ではなく、一昔前の顔の洗い方です。

 

 

 

その昔は顔はごしごしと洗うことで爽快感やさっぱり感を求めた顔の洗い方が多かった。時代の流れですね。。。

 

 

 

なので、今ではほとんど見ないスクラブ入りの洗顔石けんなどが流行った時代もありました。

 

 

 

粒子入りの洗顔石けんで肌をこすりまくるんですね。今考えればかなり恐ろしいことです。そうやってごしごしと顔を洗うことで皮脂を落とした洗い方です。

 

 

 

肌のことよりも「顔を洗いました」と言う実感重視の洗い方ですね。

 

 

 

では、今はどうなのでしょうか。スクラブ入り洗顔石けんも見なくなったと言うことはその洗い方も次代と共に変化したと言うことです。

 

 

 

今の主流はできるだけ肌への負担を減らす洗い方です。

 

 

 

ですから、洗顔泡がとても大切なんですね。泡が汚れを落としてくれるので泡の大きさがとても大切になります。

 

 

 

大きな洗顔泡を作ったらその泡を顔に乗せます。これだけです。そしてしばらく放置します。これだけです。

 

 

 

顔をごしごししないので肌への負担がとても少ないです。

 

 

 

洗顔泡を顔に乗せるだけで汚れは落ちるの?と、思われがちですが、泡を乗せたほうが汚れが落ちるのです。

 

 

 

例えば、台所でも頑固な脂汚れは洗剤に浸けおき洗いをして油汚れを落としますよね。。同じ原理です。

 

 

 

フライパンにこびりついた油汚れはたわしでこするのではなく、洗剤に浸けるのが一番よく落ちます。

 

 

 

なのでごしごし顔を洗っていたらちょっとやめてみて、洗顔泡による洗顔を試してみるとよいでしょう。

 

 

 

洗顔石けんに含まれる美容成分などはより肌になじんでしっとりすることでしょう。

 

 

 

洗い上がりの違いにおどろくかもしれませんね。

 

 

 

上手な洗顔には洗顔石鹸も大切です。

置くだけ洗顔で大切なことは洗顔石けんです。

 

 

 

洗顔泡に含まれる極小粒子に毛穴汚れをp取り除いてもらうために洗顔石けんも選ぶ必要があります。

 

 

 

ポイントは極小の粒子が成分に入っているかどうかです。

 

 

 

顔にある無数の毛穴汚れを落とすわけなので洗顔石けん選びは手を抜けません。

 

 

 

楽天でも数多くの洗顔石けんが販売されています。ご自身にあった洗顔石けんをえらべばよいでしょう。

 

 

 

高いの安いのいろいろな洗顔石けんがあります。せっかくなので美容成分も入っている洗顔石けんもいいですよね。

 

 

 

おすすめの洗顔石けんは?と聞かれればこれですね。

 

 

 

 ⇒ つかってみんしゃい、よか石けん

 

 

 

毛穴よりも小さなミネラル超微細パウダーが毛穴にしっかりと入り込み汚れを毛穴の外に出してくれるのでと、文字で表すとこんな表現になりますが、その洗い上がりは使ってみて実感するものです。

 

 

 

毛穴汚れを外に出しながら、美容成分が毛穴から肌へ浸透するし、医薬部外品なので、ニキビ予防にもおすすめできる洗顔石けんです。

 

 

 

あちこちでおすすめの洗顔石けんとして紹介されているので使ってみるとよいでしょう。

 

 

トップへ戻る